鵜川の山花日記

鵜川を舞台に、農業とだぁ~すけの活動を通して、鵜川をおもしろいところにしていく人のブログ

管理人の住居、山花(サンカ):新潟県柏崎市大字女谷884
鵜川の米 お届けできます
管理人連絡先:ytshibue@gmail.com

行動速度と視野の広さは、反比例する

行動速度と視野の広さは、反比例する

 

100mを全力で走っている時には、周りを見る余裕はない。

早く行動するということは、それだけ視野を狭め、一点に集中する必要があるのだ。

 

行動が早くなるほど、視野は狭まる。

行動速度と視野の広さには、反比例の関係があるのである。

 

 慣れた行動の早さが早くなるのは、体が覚えている(小脳でその行動を認知している)というのもあるが、経験から、見るべき点を絞れているため、視野を狭めて行動しているのである。必要な点だけに視野を狭めることができる故に、行動が早くなっているのである。

 

 私は、瞬間瞬間の行動は、早いかもしれないが、全体としては、ゆっくりなほうである。視野を広く持ちたいから、というのもあるが、私の脳の順応性が鈍いというのもあるだろう。しかし、その行動の遅さが、視野の広さをもたらしてくれている。

 

 じっくり時間をかけて学んだことは、忘れないということはないだろうか。世の中には、なんでもすぐに出来るようになる人がいる。一方で、なかなか上達しない人もいる。

 その両者で、ある技術を身につける時、両者が達成できた(外見上の)技量は同じに見えたとする。外見上は、同じ技術を習得するのに、2倍3倍の時間がかかっていたりするかもしれない。しかし、2倍3倍かかって、数多くの経験から、学んだ情報量は、外見上の達した成果以上のものをもたらしている可能性がある。

 

 誰にでも使えるマニュアルを作り上げたかもしれない。2種類3種類の方法を考えたかもしれない。色んな人に聞いて回り、色んな人と親しくなったかもしれない。下手な人でもできるコツを見つけたかもしれない。

 

 最後に書いておきたい。社会において、行動が遅ければよいということは少ないだろう。しかし、遅いということは、見える世界は広いということでもある。

 人間の生まれ持った能力を超えて、行動を早くするということは難しいだろう。しかし、遅いが故に見える世界も、また生きる術となるのである。

 

ーーーーーーー

近日のだぁ~すけのイベント

手伝ってくれる人募集中

6月25日ほたる祭り

 

facebookでだぁ~すけページも更新中。

https://www.facebook.com/dalasuke/

地区全体が限界集落である新潟県柏崎市の鵜川地区

その鵜川での地域づくりの様子を更新しています。

 
 
広告を非表示にする