読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鵜川の山花日記

鵜川を舞台に、農業とだぁ~すけの活動を通して、鵜川をおもしろいところにしていく人のブログ

管理人の住居、山花(サンカ):新潟県柏崎市大字女谷884
鵜川の米 お届けできます
管理人連絡先:ytshibue@gmail.com

元気なまちづくり補助金 中間報告会 in 鵜川

9月に入りましたね。

明日11日は、綾子舞の現地公開なので、今日は、その準備でした。

というわけで、明日、綾子舞会館(新潟県柏崎大字女谷4546-1)で、10時45分から綾子舞の公演です。

 

f:id:ukawanosannka:20160910234442j:plain

 私は、鵜川の野菜と豚汁、おにぎり販売のテントにいます。

ですので、綾子舞はともかく、私と雑談しにきたい人は、是非お待ちしてます。

私と雑談しにきたい人は、是非お待ちしてます。

 

大事なことなので、2回書きました。

 

 

 さて、明日の宣伝は程ほどに、今回の本題の話

元気なまちづくり補助金の中間報告会についてです。

今年度の元気なまちづくり補助金の中間報告会は、鵜川で開催にされることとなりました。

◎そもそも元気なまちづくり補助金とは

 

 元気なまちづくり補助金は、柏崎市で活動している市民団体の活動に対して、補助金を出して、その活動を支援するための市の事業です。

 種まき部門、チャレンジ部門、開花部門の3段階構成になっており、原則は、種まきから部門~開花部門まで3段階にかけて申請していくものです。

 

 「だぁ~すけ」では、24,25年度に2年連続でチャレンジ部門で申請しており、今年度(28年度)は、開花部門に申請することにしました。

 24年度には、「だぁ~すけ」での味噌の事業に関する事業で申請

 25年度には、ソバと味噌工場にもする新規拠点に関する事業を申請

 今年度は、申請書製作を私が引き継ぎ、上記二つを総括し、一つの方向性へ向けて動き出す事業として申請しました。

 

 3月下旬から申請書の締め切りの5月中旬まで、幾度にわたる内容の練り直しと書類の書き直しを経て、書類を提出。かつ、プレゼンを行い、補助金受諾が決まりました。

 内容の練り直しと書類の書き直し段階では、「まちから」、そして、「あいさ 」のコーディネーターを務める宮さんに、大変お世話になりました。

 

 無事補助金の受諾が決まり、4月から予定、実行していた事業が進み、9月に中間報告会が行われるのですが、今年度、唯一開会部門に申請した「だぁ~すけ」の活動地域である鵜川で開催してくれることとなりました。

 「だぁ~すけ」で行っている体験プログラムも一緒に行うこととなりました。

 

◎体験プログラムの為の準備

事前の計画や細かい準備は、7月の段階から進めていましたが、当日の準備は昼頃から開始

 

f:id:ukawanosannka:20160910234706j:plain

 今回、手伝ってもらっている母ちゃん方は、フミエさん、まえひがしさん、宮下さんです。(まえひがしと宮下は、屋号です。中山間地では、家ごとに名前をつけていて、家の名前で読んでいるのです。)

 

f:id:ukawanosannka:20160910235207j:plain

 かきあげを効率的に作るための秘密兵器

今回のために購入、これからドンドン活躍してもらう予定

 

f:id:ukawanosannka:20160910235142j:plain

特性ソバつゆ製作は、お馴染み明人さん

 

f:id:ukawanosannka:20160910235401j:plain

 小野さん、真さんでソバの材料と道具の用意

といっても一旦メドがたち、休憩中の様子

 

◎発表会の様子

 

f:id:ukawanosannka:20160910234328j:plain

 まずは、アイスブレイクから

参加者に、あいうえお順で並んでもらって、それぞれからの軽い自己紹介

 

そして発表

f:id:ukawanosannka:20160911000020j:plain

 今回、私情のゆらぎで、集中した時間が作りきれず、練習の時間が取れなかったので、ひどい発表だったなと反省。

 資料を作ってから1に練習、2に練習する中で、練り直しを行うのですが、その時間を作れず。

 人前に立つための練習も必要ですね。

 

 

いかにして、鵜川の魅力を伝えるか、というよりは、人の魅力を伝えるか。

 鵜川の魅力は、それは「澁江が居るところ」を実現できるようにしよう。

 私自身が、輝けるように、そして、鵜川の人を巻き込んで、もっと輝けるように。前々から薄々思っていたことではありますが、これが、私にとって一番やりやすいと思いました。

 

◎鵜川散策

 

f:id:ukawanosannka:20160911002035j:plain

女谷の黒姫神社を回ってからの、ソバ畑の観察

ここの案内は、和重さんにお願い

 

f:id:ukawanosannka:20160911002123j:plain

そして、山花の様子も

こちらは私が担当

 

f:id:ukawanosannka:20160911002439j:plain

製粉機の様子もね

 

f:id:ukawanosannka:20160911002517j:plain

山花の前で、子供と一緒に池を覗いてるでっかい子供が居ると思ったら、私でした。

 かがむ時も、あまり腰は曲げないスタイル。バスケや、ラグビーでいう強い姿勢です。この写真だと、上体維持する必要がない状況なので、少し曲がってますけどね。

◎体験プログラム

f:id:ukawanosannka:20160911003247j:plain

6班に分かれてのそば打ち

この日、また暑い日だったので、この空間にこれだけ集まると、更に暑い

小野さん、真さん、私で指導に回ります。

 

f:id:ukawanosannka:20160911003801j:plain

伸したり、

 

f:id:ukawanosannka:20160911003821j:plain

切ったり

 

f:id:ukawanosannka:20160911003848j:plain

すくったり

 

f:id:ukawanosannka:20160911003914j:plain

というわけで、ソバが完成したようです。

 

f:id:ukawanosannka:20160911004047j:plain

鵜川のおかずも完成

 

評判も上々だったようです。

 

次回鵜川のソバを出店するのは、10月30日の風土市の予定です。

ーーーーーーー

 

facebookでだぁ~すけページも更新中。

https://www.facebook.com/dalasuke/

地区全体が限界集落である新潟県柏崎市の鵜川地区

その鵜川での地域づくりの様子を更新しています。

 
 
広告を非表示にする