鵜川の山花日記

鵜川を舞台に、農業とだぁ~すけの活動を通して、鵜川をおもしろいところにしていく人のブログ

管理人の住居、山花(サンカ):新潟県柏崎市大字女谷884
鵜川の米 お届けできます
管理人連絡先:ytshibue@gmail.com

ソバの出店 結果良好

8月6日、柏崎市の「まちから」でのイベント、まちから子供アカデミーでソバの出店をしてきました。

 

結果でいうと、準備していった材料が、全部売り切れるほどだったので、良好!というところでした。

 

 今回のイベントは、今年度より、まちからで毎月一回行われているイベントの一つでした。来場者の数でいうと、前回のときより少なかった印象だったそうです。

 しかし、主食系の食べ物の販売が、私達のみだったのが、売り上げが好調だった理由であったと考えています。

 また、ソバを打つため確保してもらったスペースが、十分であったことも大きいです。

f:id:ukawanosannka:20160809054752j:plain

確保していただいたスペース。

 作業台や、水道が使え、十分な広さがあることがありがたかったです。

 

 また、エアコンが効く場所であったことも大きいです。

 夏のこの時期に、外気と同じような暑さの中で、一人3鉢も4鉢も打つのは、体力的にきついです。ましてや、ソバの打ち手が少ないときとなれば、なお、負担が大きくなります。ソバ自体にとっても劣悪な環境です。

 

 したがって、まだどこへでも出店できるかというと、大分限られます。

 

f:id:ukawanosannka:20160809055156j:plain

9時前には、まちからについてソバ打ち機材を持ち運び、設置

ソバも打ち始める。

 

f:id:ukawanosannka:20160809055327j:plain

水道が使えるので、茹で上がったソバを冷やすのも十分な環境

 

f:id:ukawanosannka:20160809055421j:plain

用意してもらった机を利用させてもらって、盛り付けスペース

 

f:id:ukawanosannka:20160809055514j:plain

それでもって、今回作った山菜ソバ 第一号

載せた山菜は、ワラビとミズナです。もちろん、鵜川の山で採ってきたやつです。

 

そんな感じで、約60食分を売り上げましたとさ。

 

ソバ打ち体験

今回のイベントの趣旨にそって、ソバ打ち体験の時間も確保

f:id:ukawanosannka:20160809060107j:plain

エプロンも持ってきておいて良かったです。

貸し出し用に使えました。

 

ちなみに、写真手前の子供のエプロンを結んでくれている女の子、だぁ~すけ会員の菅野さんの娘さんです。

今、中学3年生だとか。とっても助かりました。

 

f:id:ukawanosannka:20160809060419j:plain

 

f:id:ukawanosannka:20160809060649j:plain

ソバを伸している段階

なんだかんだいって、親子が共演できる機会として、よかったと思っています。

 

 しかし、ソバ打ちは、繊細な作業と、力のいる作業が多いです。

 今まで、ソバ打ち体験を受け入れた経験として、最低でも小学5年生以上でないと難しいというのが実情

 

 とはいえ、出来上がったソバを見て、「早く食べたい!」といっていた子供の顔は印象に残っています。

 

 

 今回、ソバを出店できる機会を与えてもらったのは、私個人として、だぁ~すけとしても、とてもありがったですね。

 ある程度見知った場所であることや、スタッフも知っている方々でしたので、融通の効くお願い事も出来ました。

 

 それでは、今日から三日間は、高校生の農業インターンの受入れ

昨日から、ちょっと残してた山花の片づけを、終わらせようと思います。

 

ーーーーーーー

 

facebookでだぁ~すけページも更新中。

https://www.facebook.com/dalasuke/

地区全体が限界集落である新潟県柏崎市の鵜川地区

その鵜川での地域づくりの様子を更新しています。

 
 
広告を非表示にする